明治44年の台風

災害年月日
1911年08月15日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日6時、台風は大隅半島に上陸し後、豊後水道を通り宇和島付近に上陸し、四国を斜めに横切り、16日10時若狭湾より日本海に出た。愛媛県では東予の降水量が多く、平地で150ミリ、山岳地方で400ミリを観測し、会場は大しけでかなりの災害を受けた。(「愛媛県史概説」、気象台資料による)新居浜の最大風速22.8m。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 愛媛県史概説
NO.
愛媛5260

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により、新居浜で最大風速22.8m、海上は大しけでかなりの災害を受けた。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月1日にかけて、台風10号が高知県西部に上陸して愛媛県中予地方を通過し山陰地方へ進んだ。愛媛県内は大雨となり、南... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月3日夜から4日朝にかけて、台風が四国沿岸を通り紀州田辺に上陸し、1日~3日の雨量は和食430ミリ、朴野347ミリ、神野345ミ... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月3日夜から4日朝にかけて、台風が四国沿岸を通り紀州田辺に上陸し、1日~3日の雨量は和食430ミリ、朴野347ミリ、神野345ミ... 続きを読む

昭和55年の台風13号

昭和55年(1980)9月11日8時、台風13号が九州の大隅半島に上陸し、九州を縦断し、周防灘を経て、15時山口県に再上陸し、その後中国地方西部を横断... 続きを読む