昭和21年の台風9号

災害年月日
1946年07月29日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月29日午後10時頃、台風9号通過の予報があり、警戒手配したが、甚だしい暴風波とならずに台風が通過した。潮は稀に見る高潮となったが、浸水家屋が1、2戸あったが、ほとんど被害なし。(「伊方村日誌」による)伊方町の総降水量158ミリ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、36頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高潮 伊方村日誌
NO.
愛媛5288

よく似た災害

昭和21年の台風9号

昭和21年(1946)7月28日~30日、台風により、伊方村では潮がまれにみる高潮になったが、浸水家屋1、2戸があったもののほとんど被害なし。(「伊方... 続きを読む

明治25年の台風・高潮

明治25年(1892)7月23日、台風による高潮のため、藍田や田畑が浸水し、家屋が潰れたり流失した。また、所々で道路が破壊され、船の流失もあった。 続きを読む

万延元年の台風・高潮

万延元年(1860)7月11日、台風による高潮のため、藍田や田畑が浸水し、家屋が潰れたり流失した。また、所々で道路が破壊され、船の流失もあった。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号の通過が満潮と重なり、市内の小・中学校が臨時休校となった。特に市西北部地域に浸水家屋が続出し、高松市には災... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)8月、高松市で近年稀に見る異常渇水。 続きを読む