明治33年4月の雷雨

災害年月日
1900年04月11日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
風水害  その他(雷)  
概要
明治33年(1900)4月11日、強雷雨により、愛媛県西部および高縄半島で50~60ミリの強雨が降り、低地で浸水した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雷雨
NO.
愛媛5321

よく似た災害

昭和38年6月の雷雨

昭和38年(1963)6月6日午後、梅雨前線上で雷雨性の強いにわか雨があった。この強雨で、国鉄予讃線では国分駅構内で溜池放水による浸水、本山駅構内では... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む

昭和50年6月の大雨

昭和50年(1975)6月23日~25日、前線を伴う低気圧により高縄半島を中心に大雨となり、負傷3人、床下浸水143戸の被害が出た。(愛媛県災害年表)... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、紀伊半島から能登半島方面へ北上した台風による大雨で、金倉川流域では205ミリの大雨が降って河川が氾濫した。24時間の... 続きを読む

昭和45年9月の大雨

昭和45年(1970)9月21日午後、秋雨前線の影響により、須崎市などでは局地的な集中豪雨となった。特に午後2時頃には1時間で100ミリを越えるほどの... 続きを読む