昭和32年の台風10号

災害年月日
1957年09月07日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)9月7日、台風10号の中心が本県を通ったが、風害よりも豪雨による被害が多かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨
NO.
愛媛5588

よく似た災害

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月7日、台風10号により、雨量188ミリを記録。台風の中心が宇和島から本県を通ったが、風害よりも豪雨による被害が多かった。(「... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)、台風による害を受けたが、中でも土居中、増田、元宗で被害が多かった。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨があり、海岸地帯に津波が押し寄せた。丸亀地方では、水害よりも風害の方が大きかった。家屋の倒壊、浸水が多く、漁船... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)、台風4度、豪雨による被害が夥しかった。 続きを読む

昭和19年の台風

昭和19年(1944)、昨年に続いて台風による害を受けたが、中でも土居中、増田、元宗で被害が多かった。 続きを読む