昭和38年の豪雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月~2月、豪雪により、樹木(特に柑木)の被害が大きかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雪
NO.
愛媛5591

よく似た災害

昭和31年の台風9号

昭和31年(1956)8月17日、台風9号により、特に風害が大きく、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は東南東45.0m/sであった。 続きを読む

昭和9年の豪雪

昭和9年(1934)春、豪雪により、日土で1日60cmの積雪があり、寒さのため川の水が凍った。 続きを読む

明治19年の降雹

明治19年(1886)6月2日、降雹があり、特に尾川村の被害が大きかった。 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月、豪雪及び低温。全国的な豪雪で三八豪雪と言われた。夏柑等の被害額が7,000万円にのぼり、天災融資法の適用を受けた。(「伊方... 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月23日、大雪となり20cmくらい積もった。低温が7日くらい続き、雪が解けず、作物は大きい被害を受けた。特にみかんは枯死、枝枯... 続きを読む