寛政3年の火災

災害年月日
1791年11月00日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
火災  
概要
寛政3年(1791)10月昼、本町一丁目より出火し、本町一丁目で23軒、裏町一丁目で40軒、裏町二丁目で22軒を焼失し、その他大工町の屋敷を全焼した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 上巻」(吉田町教育委員会、1971年)、279頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 本町 裏町
NO.
愛媛6034

よく似た災害

享保17年の火災

享保17年(1732)閏5月12日、城下裏町一丁目から出火、侍屋敷37家、無足屋敷23家、下屋敷、長屋をはじめ、町家は334軒を焼失した。 続きを読む

安永6年の大火

安永6年(1777)12月15日午後5時、魚棚一丁目東側の家から出火し、本町一丁目、裏町一・二丁目を残して6ヶ丁を焼失した。藩は町奉行に命じて米130... 続きを読む

寛政2年の火災

寛政2年(1790)8月21日夜、魚棚三丁目より出火して、魚棚三丁目及び本町三丁目で24軒が類焼した。 続きを読む

文政7年の火災

文政7年(1824)12月12日卯刻前、徳島東新町より出火、西北風烈しく大火になり、富田町、新魚町、桶屋町、藍屋町、古物町、大工町2丁目、西大工町、西... 続きを読む

享保17年の火災

享保17年(1732)閏5月12日、城下裏町1丁目から出火、侍屋敷37軒、無足屋敷23軒、町屋334軒、寺2軒を焼失し、死者8人を出した。(大洲領の災... 続きを読む