享保17年の風水害

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県鬼北町(日吉村)
災害種類
風水害  
概要
享保17年(1732)、風水害及び蝗害により飢饉となり、藩の御物成も全免され、藩主も幕府から金穀を借りて飢民の救助にあてた。この災害によって、翌享保18年には、吉田領内に約3万人の飢民ができた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日吉村誌編集委員会編「日吉村誌」(日吉村誌編集委員会、1993年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風水害
NO.
愛媛6185

よく似た災害

享保17年の風水害

享保17年(1732)、風水害及び蝗害により飢饉となり、藩の御物成も全免され、藩主も幕府から金穀を借りて飢民の救助にあてた。この災害によって、翌享保1... 続きを読む

享保11年の風水害

享保11年(1726)9月22日~23日、風水害により、吾井郷堤が数箇所切れ、土崎の汐留堤切れる。 続きを読む

享保11年の風水害

享保11年(1726)9月22日~23日の風水害により、吾井郷堤数箇所切れ、土崎の汐留堤切れる。 続きを読む

天正元年の大雨・干ばつ

天正元年(1573)は大雨と干ばつが交互に発生し、年中天候不順であった。このため、秋には餓死者が路頭に横たわり、侍から百姓至るまで葛根を掘って食にあて... 続きを読む

享保7年7月の風水害

享保7年(1722)7月10日、風水。(「享保雑記」による) 続きを読む