昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県多度津町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により屋根瓦が落ち、塀が倒れ、家が傾き、棟が落ちた。被害は三井東西、真天南部、山階南部、向井で大きかった。家屋の半壊6戸、屋根瓦の落下34戸、土塀の倒壊150間、神社鳥居の倒壊6箇所など、被害は全村の70%に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
四箇村史編纂委員会編「四箇村史」(四箇村史編纂委員会、1957年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 三井 真天 山階 向井
NO.
香川12

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、工場の煙突の倒壊、家屋の屋根瓦の落下など相当の被害が出た。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震により、屋根瓦の崩落、灯籠・墓石の倒壊、地割れなどが物すごかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、M8.1、高松で震度5の南海大地震が発生した。揺れは断続的に15分くらい続き、屋根瓦が落ちた。香川... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、近年稀な大地震があった。村内の被害は、住家の全壊1戸、半壊23戸、その他家屋の全壊21戸、半壊43戸、牛の圧死1頭... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海大地震により、屋根瓦の崩落、灯籠・墓石の倒壊、地割れなどが物凄かった。(多度津測候所・高松気象台... 続きを読む