宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、関東を中心に地震が起こり、その後富士山の噴火が始まり、さらに西に移動したようである。讃岐では五剣山の一峰が崩れ、丸亀藩では詫間塩田が崩壊したというが、それほど史料が残存していない。
地理院地図
Googleマップ
備考
五剣山の東の一峯が崩れた。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、334頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 五剣山 詫間塩田
NO.
香川45

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こる。この時、詫間の塩田崩壊。高松藩領の五剣山の一峰が崩れる。(「古法便覧」等による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震、五剣山の一峰が崩壊。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

宝永4年の地震による五剣山の崩壊

image

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。香川五剣山の一峰が崩落。 続きを読む

宝永4年の地震による五剣山の崩壊

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、五剣山の一峰崩壊。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により五剣山の一峰が崩れた。民家の倒壊が多く、その後もたびたび小地震が起こり、潮汐が常より数尺も高く寄せてきたた... 続きを読む