昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起きた。香川県では、死者52人、負傷者273人、全壊家屋608戸、半壊2,409戸のほか、埋立地や塩田では地割れ、道路やため池、河川堤防の決壊も起きた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、610頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者
NO.
香川47

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊水道を震源とする南海地震が発生した。地震による大津波や地盤沈下などが起き、特に鳴門市域の塩田地帯では大きな被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震が発生した。津田町では山口町、本町、伊勢町、東町、中町方面で特に被害が甚大で、屋根瓦の崩落、燈... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、勝浦郡では小松島町の大半及び勝占村の一部で特に甚だしく、沈下量は25~50cm、平均40... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、推定震度6以上の大地震が発生した。壬生川町内の被害は以下のとおりである。死者7人、負傷者9人、家屋の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では河川堤防が決壊し、長期にわたり甚大な浸水被害をこうむった。しかし、河川堤防の場所や被害の... 続きを読む