宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
香川県土庄町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震が起きて全国的な影響があった。(「続史愚抄」による) また、「高松藩記」に同日地震があって、翌月まで落ち着かないと、地震が永く続いた記録がある。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土庄町誌編集委員会編「土庄町誌」(土庄町誌編集委員会、1971年)、219-220頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 続史愚抄 高松藩記
NO.
香川83

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震があり、津浪のため、御家中の中ほどまで潮入したほか、道路が亀裂し、建物が破損した。余震が続いたため、宗純は医王寺... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、M8.4の大地震があった。東予地方の家や人畜の被害は不明であるが、当時広く造成されていた新田は、地盤沈下と堤防の痛みによって大き... 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、その後津波が襲来した。宮地直知(入野)の「地震大潮記」によると、巳の上刻に大地震があり、達者な人でも歩... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、翌朝まで10回余りの大津波が寄せ、町辺の家は非常な被害を受けた。日本で記録された最大の地震である。 続きを読む