昭和35年の台風11号

災害年月日
1960年08月11日
市町村
愛媛県東予地方
災害種類
風水害  
概要
昭和35年(1960)8月11日4時半頃、台風11号が室戸岬のやや西方に上陸し、剣山西方を経て香川県西部、岡山県西部を通った。この台風のため、東予地方の河川・道路に被害が続出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県土木部編「土木十年史」(愛媛県、1962年)、258頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
愛媛7847

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)、3回に及ぶ台風のため、大きな被害があった。6月19日、8月15日は台風の中心が県の西部を通過し、被害は軽傷1人、建物被害57戸... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月1日にかけて、台風10号が高知県西部に上陸して愛媛県中予地方を通過し山陰地方へ進んだ。愛媛県内は大雨となり、南... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日17時頃、台風は足摺岬付近に上陸し、徳島県西部を通って北東に去った。愛媛県下では暴風雨となり、災害を受けた。(「愛媛県... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日夜半、台風15号(伊勢湾台風)が潮岬西方に上陸し、紀伊半島を縦断して、富山県を通り、日本海に出た。この台風により、各河... 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月7日、台風10号が九州南部から四国北西部を通った。県西部では6日夜半に暴風雨となり、7日15時におさまった。被害は死者2人、... 続きを読む