文政9年の洪水

災害年月日
1826年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)、伊予国各地で洪水があり、松山領内では石手川の土手100間余が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
町誌編集委員会編「ふるさと北土居のあゆみ」(町誌編集委員会、2008年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 堤防決壊
NO.
愛媛7890

よく似た災害

天明3年の洪水

天明3年(1783)、松山領は大雨のため、重信川の土手100間が決壊した。 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、石手川の大洪水により、市坪は押し流され、数十戸が流失した。この時以来、市坪の集落は、少しでも高い所へと上流の現在地に移... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、松山領内で石手川をはじめ洪水の被害があった。 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、石手川洪水、出合付近百間余決壊。(「増田家記」による) 続きを読む

延宝元年の洪水

延宝元年(1673)6月27日、大洪水に際して石手川の堤防が決壊し、城下町の町分はもちろん、西堀端あたりは水勢が激しく、人々は堀の土手に避難したと伝え... 続きを読む