明治19年の洪水

災害年月日
1886年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)秋、和泉の土手が3.6kmにわたって壊れ、余土の土手も4箇所壊れて、水が余土地区に流れ込んだ。家も田も浸水し、3日~4日水が引かなかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
松山市立余土小学校編「わたしたちの余土」(松山市立余土小学校、1979年)、14-15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 石手川 和泉 余土
NO.
愛媛7923

よく似た災害

明治38年の洪水

明治38年(1905)8月15日、吉田の土手が決壊し、流出家屋多数。多賀地区にも木材、家屋、藁ぐろなどが流れてくる。 続きを読む

明和9年の洪水

明和9年(1772)、大洪水のため、本山寺の観音堂の縁の上を20cmもの濁水が覆い、一週間引かなかったという。 続きを読む

明和9年の洪水

image

明和9年(1772)8月21日、大洪水により、本山寺観音堂の縁の上20cm程が濁水におおわれて、その後1週間も水が引かなかった。 続きを読む

安政7年の洪水

安政7年(1860)7月11日及び28日に大水があり、海岸地帯は波が高く被害が大きかった。那賀川筋の土手は残らず切れ、見能林方面も田に海水が入り、稲の... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、大洪水により、常通寺島野藤ノ宮で堤防が決壊、続いて岩瀬川の堤防が決壊し、国分川の濁流は岩瀬川から江村を襲い、一本セン... 続きを読む