安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県東かがわ市(白鳥町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日、大地震により民家破損3千余戸、池の堤防破損、余震が続き人はみな屋外に避難する。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
白鳥町史編集委員会編「白鳥町史」(白鳥町、1985年)、589頁及び592頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震
NO.
香川111

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震で家屋倒壊し、屋外に避難した。(「讃岐大日記」による) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震があり、人家の多くが倒壊し、人々は屋外に避難した。翌年になって余震が止んだ。地震後、産業が不振を来たし、世... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、地震が起こり、この島でも4日間震動が続き、竹藪などに避難したという。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が起こった。「高松藩記」には、人家の倒壊3,000余戸、人々は草舎をつくって十数日寝床としたなどと記されて... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震、人家倒壊3,000戸。余震やまず土民草庵を造り避難すること10数日、金穀を土民に賜う。(「讃岐国大日記」... 続きを読む