安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、5日に大地震があり、長尾の古老の伝承によると、ふらついて道を歩けず、たまり水、便所のため肥が踊り、人々は余震を避けて竹やぶに避難し、数日野宿したという。また、八幡池の堤防が決壊して水を溜めることができなかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 上巻」(長尾町、1986年)、602頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 八幡池堤防決壊
NO.
香川114

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震があった。今日に伝えるところでは、震動は数日に及び、人心は安まらず、人々は竹やぶに仮小屋を設け、夜具、炊事用品を運んで一家... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、地震が起こり、この島でも4日間震動が続き、竹藪などに避難したという。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)霜月4日を始めとして、大地震が起こった。江野島の古老(当時7歳)が津波に備えて中庄の観音山に避難したことなどの体験談が記されている... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む