宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
香川県三木町
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震により五剣山の一峰が崩れた。民家の倒壊が多く、その後もたびたび小地震が起こり、潮汐が常より数尺も高く寄せてきたため被害は膨大であった。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町史編集委員会編「三木町史」(三木町、1988年)、244頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 五剣山 高潮
NO.
香川122

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が押し寄せて400余人の溺死者を出した。(宝永津浪溺死之塚の碑文による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、津波が押し寄せて400余人の溺死者を出した。(宝永津浪溺死之塚の碑文による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時頃から約2時間大地震が続き、家々は陥没し、土蔵の壁は落ち、鴨居は外れて大被害を受けた。土地は所々で裂け、水が湧... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時頃)、M8.6の地震が発生した。この論文では、宝永地震による高松藩の被害状況を示す史料をもとに、五剣山の崩... 続きを読む