安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、大地震が起こった。特に被害が大きかったのは大新田で、11月5日申の刻の大地震により、堤防が決壊し、人家が倒壊した。復旧には1年余の日時を要し、総工費は大新田村の年貢の約4年分に相当した。 小松高鴨神社の神主鴨重徳の「御神用並公私用向之日記」には、地震発生から約3ヶ月間の様子が以下のように記されている。「十一月四日五ツ時、地震しばらくゆる。五日七ツ時、大地震ゆる。夜も五度ゆる。小松の恵比須宮鳥居倒れ、玉之江の南春宮の鳥居もなびく。……」
地理院地図
Googleマップ
備考
高鴨神社神主の日記には安政地震のことが記されている。
参考画像
参考文献
壬生川郷土史研究委員会編「壬生川郷土史」(壬生川郷土史研究委員会、2009年)、73-74頁及び131頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 大新田 堤防決壊 高鴨神社 御神用並公私用向之日記
NO.
愛媛21

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日5ツ時、地震が起こり、5日7ツ時、大地震が起こった。小松の高鴨神社神主鴨重徳の日記には、小松町の恵比須宮の鳥居が倒れ、玉... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日~5日、大地震が起こった。阿波国には安政大地震に関する旧記録は少ないが、野田定五郎氏の記録によると、11月4日四ツ時、大... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日から5日にかけての地震の様子は、岸本の飛鳥神社境内の安政地震の記念碑に記されている。碑には「懲毖」の文字が刻まれ、後世の... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日、M8.4地震、津波。(「宿命の浅川港」による)なお、この年の11月27日に、嘉永から安政に改元されたため、嘉永7年の地... 続きを読む