宝永7年の高潮

災害年月日
1710年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
高潮  
概要
宝永7年(1710)、高潮により新田地区は壊滅的打撃を受け、新田17町余は数年間農作物の収穫は皆無であったという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
多賀郷土誌委員会編「多賀郷土誌」(多賀郷土誌委員会、2004年)、17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
高潮 新田
NO.
愛媛26

よく似た災害

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月16日の吉野川の洪水は「土佐水」と呼ばれる第一級の洪水であり、農作物の収穫は皆無に等しかった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月~6月の長雨のため、県下の裸麦の収穫は皆無に近い惨状を呈し、農作物被害総額は83億円に達した。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつにより、稲作の収穫が減収し、中には皆無の田地もあった。 続きを読む

寛延元年9月の洪水

寛延元年(1748)9月2日及び16日の洪水により、農作物の収穫を失った。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月~6月、長雨、濃霧により夏作の収穫は皆無。 続きを読む