慶長元年の地震

災害年月日
1596年08月02日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長元年(1596)7月9日、大地震が発生し、広江村は地盤沈下のために西南にある高燥な現在地に集団移住した。(「密林山徳蔵寺由来記」による)また、鶴岡八幡宮は、地震のため神殿、宝蔵、神器、記録などが地中に没したため、現在地に遷座して社殿を復旧した。(「多賀村郷土誌」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
「密林寺徳蔵寺由来記」によると、広江村は地震のため地盤沈下して現在地に集団移転した。また、壬生川の鶴岡八幡宮はもともとあった北条鳥縄地区から現在地に遷座した。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、589頁及び591頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 地盤沈下 広江村集団移住 徳蔵寺 鶴岡八幡宮
NO.
愛媛41

よく似た災害

慶長元年の地震

image

文禄5年(1596)7月、M7.0の大地震があった。広江村の「密林山徳蔵寺由来記」によると、徳蔵寺があった場所は地震のため地盤地下して低湿地になったた... 続きを読む

慶長元年の地震

文禄5年(1596)7月、M7.0の大地震があった。広江村の徳蔵寺があった場所は地震のため地盤地下して低湿地になったため、土地の高燥な現在地に集団移転... 続きを読む

文禄5年の地震

image

文禄5年(1596)7月9日、震災により、鶴岡八幡宮の神殿、宝物殿、神器、記録など大半が地中に没した。このため、もともとあった北条鳥縄地区から現在地に... 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、地震のため、周桑郡北条村字五反地にあった鶴岡八幡神社の社殿が悉く陥没した。このため、村人は今の地(壬生川町)に再建した。(「... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む