安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
愛媛県西条市(小松町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日、やや強い地震が起き、翌5日に伊予にとって未曾有の大地震に襲われた。「寅歳の大地震」と呼ばれた。余震は約3ヶ月間続いた。高鴨神社神主の日記には、小松町の恵比須宮の鳥居が倒れ、玉之江村南の春宮の鳥居もなびいたことなど、地震から約3ヶ月間の様子が記されている。(「御神用並公私向之日記」による)また、藩内では、子どもの怪我があったほかは、人畜の被害はなかったが、建物などの被害は甚大であった。被害は新居郡内で比較的少なく、周布郡内で多かった。
地理院地図
Googleマップ
備考
高鴨神社神主の日記には安政地震のことが記されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松町誌編さん委員会編「小松町誌」(小松町、1992年)、591-595頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 高鴨神社 恵比須宮
NO.
愛媛43

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日5ツ時、地震が起こり、5日7ツ時、大地震が起こった。小松の高鴨神社神主鴨重徳の日記には、小松町の恵比須宮の鳥居が倒れ、玉... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、大地震が起こった。特に被害が大きかったのは大新田で、11月5日申の刻の大地震により、堤防が決壊し、人家が倒壊した。復旧... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、大地震により、家屋倒壊などの被害があった。海岸では津波が襲来し、浸水、流失する民家が続出した。その後1ヶ月間、余震が続... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月5日、当地にとって未曾有の大地震が起こった。余震が3ヶ月続いたと「小松藩会所日記」は伝えている。地震により死傷者はなかったが... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震により、全村にわたって、石崖、堤防、道路の決壊、落石、亀裂などの被害をこうむったが、人畜の被害はなかった。 続きを読む