寛延5年の洪水

災害年月日
1748年08月17日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  
概要
寛延元年(1748)7月24日、伊予郡、松前地方で大洪水、道後温泉が被害を受けた。(「松山工事事務所40周年記念誌」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では寛延5年(1748)となっているが、寛延元年(1748)に修正した。
参考文献
国土交通省四国地方整備局編「重信川水系河川整備基本方針検討資料(概要版)資料3」(国土交通省四国地方整備局、発行年不明)、41頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 重信川 石手川 道後温泉
NO.
愛媛8704

よく似た災害

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨により、湯山第2小学校が流失、百余戸被害を受けた。このほか、橋の流失など被害多数。(「松山工事事務所40周年記念... 続きを読む

天明3年の洪水

天明3年(1783)8月11日、洪水により、伊予郡高柳村の重信川の土手が百間余潰れた。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、大雨による小野川・重信川の出水により、余土・市坪・石井の堤防が決壊し、大水害を被った。(「松山工事事務所40周年記念... 続きを読む

明治9年の台風

明治9年(1876)9月13日、暴風雨により、重信川・石手川の被害は家屋流出16戸に及んだ。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日、松山領で大風雨により、重信川・石手川では死者14人、民家破損の被害が出た。(「松山工事事務所40周年記念誌」による) 続きを読む