享保11年の洪水

災害年月日
1726年00月00日
市町村
愛媛県今治市
災害種類
風水害  
概要
享保11年(1726)、洪水により、総社川左岸の小泉村では、高30石余の新田がすべて川成地となり、年貢米徴収は不可能になった。この時、対岸の中寺村でも高34石の新田は大部分が川成地となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、328頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 総社川 小泉村 中寺村
NO.
愛媛8742

よく似た災害

享保11年の洪水

享保11年(1726)、総社川が決壊し、左岸にある小泉村では高30石余の新田がすべて川成地となり収穫不能となった。 続きを読む

享保2年の洪水

享保2年(1717)5月、大雨のため、洪水により島内各村の川がほとんど決壊した。各村では川成を仰せつけられて復旧した。 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)、洪水、虫害のため、大飢饉となった(享保の大飢饉)。5月末よりウンカが発生し、稲は枯れ果て、藩から貧者1人1日当たり大豆1合をも... 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、大洪水で堤防が切れ、奈半利中に水が入ったため、人々は非常に難儀をした。普請奉行伊藤権之進、下役人下村栄五郎が来て、郡下から人夫を... 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)8月19日から20日かけて、吉野川で風雨、洪水により、川成(田畑に土砂が流入し河原のような荒廃地になった状態)、砂成(砂が入った程... 続きを読む