万延元年の地震

災害年月日
1860年12月05日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
地震・津波  
概要
万延元年(1860)11月4日朝四ツ時、大地震。5日七ツ時、大地震、夜度々震動、野辺に小屋掛け、7日より家に帰った。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛52

よく似た災害

万延元年の台風

万延元年(1860)、多雨のため麦は大不作であった。7月、暴風雨。(「田野村誌」等による) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝早く地震、5日7ツ時大震り、その夜5ツ半時分、また大震り。(教法寺の過去帳による)また、11月4日、5日大地震、その後... 続きを読む

万延元年5月の大雨

万延元年(1860)5月11日より大雨、高潮、津浪。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む