昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市(丹原町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時頃より、南海大地震による強震があった。(「田野村誌」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丹原町誌編さん委員会編「丹原町誌」(丹原町、1991年)、47頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
愛媛53

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖大地震が発生し、地震後6波の津波があった。県下の被害は死者670人、行方不明9人、負傷者1,... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震があった。時計は止まり、電灯が消えた。勝浦、那賀、海部地方の海岸では津波を伴い被害が大きかった... 続きを読む

大正12年の地震

大正12年(1923)12月5日午前8時40分、強震があった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海大地震が起こった。中村町では家屋の倒壊が街の大半に及び、人畜の損失も多数に及んだ。西土佐村も相当... 続きを読む