天正14年の地震

災害年月日
1587年00月00日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
天正14年(1587)、M7.9の大地震があった。文禄4年(1595)の「周敷郡吉田郷弘江村坪付帳」によると、塩入地6反、日焼地1町2反、荒地10町2反など全耕地の30%が収穫なしと記されているが、この地震の後遺症ではないかと推察される。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、450-451頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 弘江村坪付帳
NO.
愛媛62

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む