宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
宝永4年(1707)、M8.4の大地震があった。東予地方の家や人畜の被害は不明であるが、当時広く造成されていた新田は、地盤沈下と堤防の痛みによって大きな被害を受け、中には壊滅した新田もあった。大明神川河口方面でも、地震と高潮の被害により、左岸の高須と樋ノ口に住んでいた二戸が六反地に移住したと伝えられている。この地震後、地盤沈下と高潮を防ぐために、広江川河口や三津屋港付近では、堤防の嵩上げ工事や石垣に改修する工事が行われた記録がある。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、452-453頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 高潮 大明神川 地盤沈下 広江川
NO.
愛媛66

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海道、畿内、南海道で大地震と津波が起こった。当領内の家や人畜の被害は不明であるが、下三村の干拓新田は地盤沈下と堤防の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海道から南海道で大地震と津波が起こった。多賀村の人への被害は不明であるが、新田地区の地盤沈下のため堤防の決壊は大被害... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。高知種崎700余人、宇佐400余人、福島100人、久礼200余... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。高知種崎700余人、宇佐400余人、福島100人、久礼200余... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、大地震が発生した。壬生川村でも地盤沈下して、高潮の被害を受けた。この年、富士山が噴火して宝永山ができた。 続きを読む