昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、富士紡岸壁や新川下流左岸など至る所に亀裂が生じた。また、地震による地盤沈下のため、人々は高潮に備えた。写真5枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鳥生範雄編「写真集 東予」(国書刊行会、1981年)、77-79頁
情報源の種類
写真集
キーワード
昭和南海地震 地割れ 地盤沈下 写真
NO.
愛媛71

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島臨海平野では数十cmの地盤沈下が生じた。 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)、宇和島地震により、町民運動場に亀裂が生じた。(震度5) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震に起因する地盤沈下により、日下川流域の水害はますます深刻になった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県では周桑郡と宇摩郡が地盤沈下の最も大きな被害を受けている。壬生川の沈下量は55cmで、愛媛県... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む