大正5年の大雨

災害年月日
1916年08月01日
市町村
香川県琴平町
災害種類
風水害  
概要
大正5年(1916)8月1日、大雨洪水で金倉川が氾濫し、五条の雄装軒(おそのき)橋付近の堤防が崩壊した。水防従事中の琴平消防組の消防手が溺死、殉職した。
地理院地図
Googleマップ
備考
松尾寺に殉職消防組員慰霊碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 5絵図・写真編」(琴平町、1995年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 金倉川 雄装軒橋 消防手殉職
NO.
香川2189

よく似た災害

明治33年の洪水

明治33年(1900)、洪水のため園瀬橋の流出を警戒中の消防手が濁流に流されて殉職した。 続きを読む

明治8年12月の山火事

明治8年(1875)12月、上灘村大字上灘字日ノ地で原因不明の火災が発生し、山林20町歩余焼失した。消防従事中の6人が焼死した。 続きを読む

明治28年の洪水

明治28年(1895)8月22日、出水により勝浦川筋の下大野堤防2箇所、園瀬川筋の大野堤防3箇所、大山1箇所が破堤した。この出水の際、長谷架橋の仮橋流... 続きを読む

大正15年7月5日の豪雨

大正15年(1926)7月5日~7日の豪雨により、粟井坂道路が崩壊、粟井村各所の貯水池の土手が決壊した。また、北条町鹿島の人家が崩壊し、7日午前5時2... 続きを読む

大正5年の洪水

image

大正5年(1916)8月1日、風水害により金倉川が氾濫し、堤防の決壊箇所が続出したため、大宮横井の取り除き作業中に、消防組員が濁流にのまれ殉職した。 続きを読む