昭和16年の雷雨

災害年月日
1941年08月20日
市町村
香川県琴平町
災害種類
風水害  その他(落雷)  
概要
昭和16年(1941)8月20日、雷雨により丸亀市、琴平町、高松市で落雷があり、停電、電車不通、家屋焼失などがあった。琴平地方では午後2時20分頃から50分間に57ミリの雷雨があり、象頭山からの出水で、浸水家屋600戸。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 1自然・環境・生物・原始・古代・中世編」(琴平町、1996年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 出水
NO.
香川2204

よく似た災害

大正5年8月28日の雷雨

大正5年(1916)8月28日14時頃から、香川・愛媛両県で雷雨があり、落雷、出水を伴った。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

大正15年8月2日の雷雨

大正15年(1926)8月2日18時20分頃から、香川県の北部海岸地方で強雷、降雹があった。また、仲多度郡内では落雷が数箇所あった。(気象庁「気象要覧... 続きを読む

大正2年12月の雷雨

大正2年(1913)12月7日14時頃、松山、新居浜、多度津、岡山、神戸等で強烈な雷雨があり、各地で降雹があった。また、多度津地方では落雷もあった。(... 続きを読む

大正3年6月の雷雨

大正3年(1914)6月13日15時より22時の間に、九州東部、中国、四国、近畿等で雷雨があり、この雷雨で仲多度郡大川山付近で降雹があった。(気象庁「... 続きを読む

昭和16年8月の雷雨

昭和16年(1941)8月20日、不連続線上に雷雨が誘発され、丸亀市、琴平町、高松市で落雷があり、停電、電車不通、家屋流失等があった。また、琴平町では... 続きを読む