昭和59年の大雪

災害年月日
1984年01月31日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和59年(1984)1月31日、四国沖低気圧による大雪で、県下で農作物に8.7億円の被害が出た。積雪は滝宮で31cm、多度津で22cm。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 1自然・環境・生物・原始・古代・中世編」(琴平町、1996年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川2223

よく似た災害

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日14時40分より10日6時まで、雪が降り、積雪は多度津で28cmに達した。被害不詳。(気象庁「気象要覧」による)/9日14... 続きを読む

昭和59年の大雪

昭和59年(1984)1月19日、大雪。中山の積雪は22cmを記録し、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

昭和63年の大雪

昭和63年(1988)11月25日から27日にかけて、積雪が20~60cmとなり、立木に大きな被害が出た。被害額は約10億円。 続きを読む

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む