寛永2年の地震

災害年月日
1625年04月24日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
寛永2年(1625)3月18日、地震により、温泉塞がる。松山城主蒲生忠知命じて湯神社に祈祷する。
地理院地図
Googleマップ
備考
道後温泉の湯神社にある由来記には、昔温泉が地震でとまった時、温泉の再湧出を祈願したのが湯祈祷の始まりと記されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第1巻」(松山市、1992年)、38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 道後温泉 湯神社 祈祷
NO.
愛媛111

よく似た災害

寛永2年の地震

image

寛永2年(1625)3月18日、地震により、温泉塞がる。松山城主蒲生忠知命じて湯神社で祈祷した。(「松山叢談」、「伊予温故録(温泉伝記)」による) 続きを読む

寛永2年の地震

image

寛永2年(1625)3月18日、地震により泉脈が塞がったため、松山城主蒲生忠知が命じて湯神社に祈祷したところ、後に旧の如く湧出した。(「伊予温故録(温... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震で道後温泉の湧出が止まり、湯神社などに祈祷を命じた。(「垂憲録」「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震(M8.4)により、道後温泉湧出停止(145日間)。松山藩主久松定直公、道後湯神社に祈祷仰付く。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、干ばつ。村民は雨乞いのため、神社に祈祷した。 続きを読む