安政4年の地震

災害年月日
1857年09月21日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、地震(M7.25)により、松山で門、塀、古家倒れる。知行100石につき15俵の割合で出米を集め、御下米とした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第1巻」(松山市、1992年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 御下米
NO.
愛媛120

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰下刻、松山で大地震。家中に出米のうち知行100石につき15俵ずつの割合で御下げ米あり。(「松山叢談(池内家記)」による... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日午前9時頃、伊予全域を襲った大地震が起こった。「松山叢談」によると、この地震のために家中からの差上米を100石に5俵の割... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰下刻、松山大地震。(「松山叢談(池内家記)」による)強震続くこと七昼夜、地元民は兢々として家を閉じて竹林に避難した。(... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝8時に地震が始まり、1時間程続き、12時頃から夕方までに海岸地帯では大津波が10度押し寄せ、4回目の波が最高の1丈5尺... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰の中刻、松山市高浜沖を震源とするM6.4の地震が発生した。この地震により、今治城の石垣が孕み、塀が倒れ、その他ところど... 続きを読む