昭和6年の大雪

災害年月日
1931年02月09日
市町村
香川県
災害種類
雪害  
概要
昭和6年(1931)2月9日より10日にかけて大雪があり、平地部で23cm余で、明治40年依頼の大雪であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
観音寺市教育委員会編「観音寺市誌」(観音寺市、1962年)、757頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
香川2515

よく似た災害

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日、大雪により、山間部で47cm、平地部で27cmの積雪があり、被害があった。 続きを読む

昭和29年2月の大雪

昭和29年(1954)2月13日~14日、大雪のため、香川県の平地部で4cm、山間部で10cmの積雪があった。電柱倒壊、電線切断などの被害があった。(... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月9日、大雪により川上平地部で積雪30cm。山地部では2月中旬まで積雪。 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り出し、翌10日午前7時まで降り続いた。降雪量は、阿讃山岳部で30~47cm、平地で23cmで、明治4... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り始め、10日午前7時に止んだ。積雪量は平地で7寸5分、屋上で9寸に及んだ。明治40年以後24年目の大... 続きを読む