嘉永6年の除け堤崩壊

災害年月日
1853年06月00日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
風水害  
概要
嘉永6年(1853)5月、50石にある除け堤が100m崩れ、周辺に大きな被害があった。流岡町鹿隈橋の下の除け堤は、洪水の時、本流である財田川から資料の竿ノ川への逆流を防ぐために、合流地点(50石)につくられたものである。(写真1枚)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
観音寺市文化財保護協会編「写真集 ふるさと観音寺」(観音寺市文化財保護協会、1995年)、101頁
情報源の種類
写真集
キーワード
除け堤崩壊 鹿隈橋 財田川 竿ノ川 写真
NO.
香川2545

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日、酉の水。北方でいう阿呆水であるが、北方ほどの大被害はなかった。那賀川町工地や上福井に水入地や浸水があった程度である。し... 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)5月4日より8月に至るまで、90日間も雨が降らず、阿波郡地方では飲料水にも事欠いて、吉野川から牛車で水を運んだほどであった。 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)、台風23号による出水で、那賀川では下流霞堤部からの逆流により吉井地先の集落の大部分が浸水した。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月1日から8日まで大風洪水、高瀬・財田川決潰、被害甚大。 続きを読む

天明6年の洪水

天明6年(1786)9月、財田川洪水。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、「財田村年表」、「香川県史」による) 続きを読む