弘化4年の風雨

災害年月日
1847年08月24日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
風水害  
概要
弘化4年(1847)7月14日明け方の大雨風により、地蔵原の道や川堤、下川原横堤、株屋敷川堤、平池などが破損し、田地2町が砂入りの被害を受けた。(安藤家文書「乍恐御嘆奉申上口上之覚」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、333頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 乍恐御嘆奉申上口上之覚
NO.
香川2620

よく似た災害

嘉永3年の風雨

嘉永3年(1850)9月2日、大雨により洪水が起こり、田畑砂入り、山崩れのほか、川堤、道、井手などに被害があった。(安藤家文書「乍恐御嘆奉申上口上之覚... 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日及び18日、大風雨により、樹木が倒れ、松山藩の侍邸・民屋が破損し、死者男女14人。 続きを読む

弘化3年7月9日の風雨

弘化3年(1846)7月9日4ツ頃より9ツまで、大風雨、大洪水。船越瀬の浜で舟、網舟20艘程が被害を受け、中泊でも少しの被害が出た。宮の山などの大木が... 続きを読む

弘化3年の風雨

弘化3年(1846)7月9日及び18日の大風雨により、樹木倒れ、侍邸、民家破損し、死者14人。(「松山叢談」による) 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む