昭和26年の代之池決潰

災害年月日
1951年07月13日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月13日午後1時頃、代之池の堤防が決潰し、浸水家屋6戸、橋梁流失1箇所、河川堤防の決潰250m、田畑の荒廃2町7反などの被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
紀伊村誌編集委員会編「紀伊村誌」(紀伊村誌編集委員会、1972年)、146-151頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
代之池決壊
NO.
香川2653

よく似た災害

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)6月7日、梅雨前線に伴う集中豪雨で、須崎市で床上浸水18戸、床下浸水168戸などの被害が出た。特に押岡では数十年ぶりの大洪水とな... 続きを読む

享保14年の台風

image

享保14年(1729)9月14日、大暴風雨が襲来し、洪水と高潮により、田畑の流失・荒地49町余、家の倒壊10軒、堤防の決壊56箇所2,085間、井堰の... 続きを読む

明治44年8月の洪水

明治44年(1911)8月16日、吉野川の増水2丈1尺となった。このため、浸水被害面積は田30町、畑298町、桑園54町など合計562町に及んだ。また... 続きを読む

享保7年の台風

享保7年(1722)6月23日、松山暴風雨、被害甚大、死者88人。(「松山叢談」による)「垂憲録拾遺」によると、海岸・池・川野堤防の決壊・破損箇所の長... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、台風が来襲して、橋、田畑の流失、道路の決壊など多くの被害が出た。 続きを読む