明和9年の洪水

災害年月日
1772年09月17日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
風水害  
概要
明和9年(1772)春から8月20日まで雨が降り続き、大風、洪水となり、領内で民家の崩壊19,000戸余、船舶の難破140隻余に及んだ。また、大小無数の池の堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修豊浜町誌編さん委員会編「新修 豊浜町誌 資料編」(豊浜町、1998年)、100頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 堤防決壊
NO.
香川2856

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月、大暴風雨が襲来し、新川の落合北堤付近では水深3.9mとなり、勘定と中川で堤防が決壊し、耕地の欠損4ha、人家の流出1戸、浸... 続きを読む

明和元年5月の洪水

明和元年(1764)5月9日夜、大雨風により堤防が決壊した。(「世用日記」による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、暴風雨により、石手川の堤防が決壊し、死者10数人、石手村ほか4ヶ村が浸水した。また、重信川上村でも堤防が決壊し、温泉... 続きを読む

明和2年の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大暴風雨により、大洪水と高波が押し寄せ、堤防が決壊、町は浸水し、流出家屋が散乱した。また、8月8日も暴風雨の来襲を... 続きを読む

明和元年4月の洪水

明和元年(1764)4月13日、大雨による出水で、荒神の後の堤防が決壊し、取り苗が流失した。(「世用日記」による) 続きを読む