慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月15日
市町村
香川県三豊市(豊中町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月7日~8日、大風、洪水により、財田川の堤防が何度も決壊し、牛2頭や家屋が流れてきた。その時には鐘を鳴らして警戒し、土のうを積み上げて決壊場所を中心に堤を固めて被害が拡大するのを防いだという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
豊中町誌編纂委員会編「豊中町誌」(豊中町、1979年)、105-106頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 財田川 堤防決壊 水防活動
NO.
香川3052

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月15日より16日にかけて、第二室戸台風は480ミリを越える雨量をもたらした。九頭宇谷川の翫城地橋地点では水位が2.4mと警戒... 続きを読む

明治25年の保瀬ぎれによる洪水

image

明治25年(1892)7月25日午前10時頃、川上村大字平井の保瀬の右岸山上が大崩壊して海部川の水を堰き止めた。下流では、自然ダムの崩壊に備えて、女子... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号の接近に伴い大雨に見舞われた。大野原町では、台風16号の襲来に先立つ27日までに、五郷田野々地区に危険箇所... 続きを読む

昭和2年の洪水

昭和2年(1927)8月26日、高岡郡を中心に洪水。 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号

昭和40年(1965)9月13日から17日まで、台風23号及び台風24号により、九頭宇谷川は増水し危険になったため、土成町では役場に水防本部を設置して... 続きを読む