明和9年の洪水

災害年月日
1772年09月17日
市町村
香川県三豊市(財田町)
災害種類
風水害  
概要
明和9年(1772)8月20日、洪水により、財田中之村の長野で死者4人の被害が出た。また、大野地では子ども5人が洪水に流されたが、このうち一人は幸いにも財田西の円光寺の椋の木に引っ掛かり一命を助かった。残り4人の子どもは亡くなった。さらに、上の村では久保ノ下一帯が川となって上流から漂流する死体がおびただしく、この洪水によって久保ノ下付近の川幅が大きく広がったと言われている。(「財田町文化史」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
亡くなった4人の子どもの供養塔が伊舎那院境内にある。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修財田町誌編纂委員会編「新修 財田町誌」(財田町、1992年)、51頁及び53-54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 長野 大野地 死者
NO.
香川3102

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月頃、大洪水が発生し、裏の山が崩れ、4歳の子どもが亡くなった。(「万福寺過去帳」による) なお、この時の宗方・口総・浦戸・野々... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)、寅年の洪水により、被害は甚大で、誉水では国安の大池の堤防が決壊し、西内は氾濫、寺子屋帰りの6人連れの子どもが全部、水死したという... 続きを読む

明治3年の洪水

明治3年(1870)9月7日より大雨が降り、8日は中喜来一帯が洪水となった。堤防の破損箇所は43箇所、長さ約500mにわたり、土橋が19箇所流失した。... 続きを読む

文化11年の洪水

文化11年(1814)、大洪水により、下林の三奈良神社の北側の田地が流失した。このため、重信川の瀬筋が変わり、滝ノ下泉は埋没し、滝ノ下井手も失った。 続きを読む

文化10年の洪水

文化10年(1813)、大洪水により、下林の三奈良神社の北側の田地が流失した。このため、重信川の瀬筋が変わり、滝ノ下泉は埋没し、滝ノ下井手も失った。 続きを読む