安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県伊予市
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日午前、大地震に見舞われ、夜明けまで30余度の余震があった。「塩屋記録」には、倒れた塀や常夜灯に敷かれて死傷した人の様子などが記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊豫市史編さん会編「伊豫市誌」(伊豫市、1986年)、197-198頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 死者 塩屋記録
NO.
愛媛208

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日午前、大地震に見舞われ、夜明けまで30余度の余震があった。「塩屋記録」には、倒れた塀や常夜灯に敷かれて死傷した人の様子な... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日午前、大地震に見舞われ、夜明けまで30余度の余震があった。「塩屋記録」には、倒れた塀や常夜灯に敷かれて死傷した人の様子な... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、大地震のため、木浦村の浜の常夜灯が倒れた。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む