大正9年の宇多津町役場庁舎の火災

災害年月日
1920年01月22日
市町村
香川県宇多津町
災害種類
火災  
概要
大正9年(1920)1月22日午前4時頃、宇多津町役場小使室より出火し、強風にあおられて大火となった。消防夫が駆けつけたときには既に手の着けようもない状態であった。幸い他の建物への類焼は免れたが、役場の公文書はほとんど焼失した。建物の損害は1千円位。(「香川新報」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇多津町誌編集委員会編「新宇多津町誌」(宇多津町、1982年)、141-142頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 宇多津町役場 香川新報
NO.
香川3278

よく似た災害

昭和21年1月の火災

昭和21年(1946)1月19日午前9時頃、県立中村高等女学校寄宿舎より出火、隣接の校長公舎と棟続きの炊事室、行動等を瞬く間に焼き払い、校舎一歩手前で... 続きを読む

昭和46年の火災

昭和46年(1971)6月8日未明、宮浜中学校から出火、本館など4棟と隣接の上那賀町役場庁舎1棟を全焼して、午前4時過ぎに鎮火した。消火には地元消防団... 続きを読む

昭和21年1月の火災

昭和21年(1946)1月19日午前9時頃、県立中村高等女学校寄宿舎より出火、隣接の校長公舎と棟続きの炊事室、行動等を瞬く間に焼き払い、校舎一歩手前で... 続きを読む

大正3年の降灰

大正3年(1914)1月13日朝、もうもうとして濃い霞のようであった。やがて草木の葉に灰がかかった。前日に噴火した桜島の火山灰であった。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月13日朝、もうもうとして濃い霞のようであった。やがて草木の葉に灰がかかった。前日に噴火した桜島の火山灰であった。 続きを読む