安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、伊予灘を震源とするM6.4の地震により、三崎半島に被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
双海町編「双海町誌」(双海町、1971年)、22-23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛218

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月7日、三崎半島付近を震源とする地震が起こり、伊予大洲及び吉田で多くの潰家を生じた。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月28日、三崎半島東方を震源とする地震が起こり、今治、大洲、西条の地域が破損し、城下及び村落に潰家が生じた。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月7日、M7.0の地震により、伊予西部、伊予大洲、吉田で壊家あり。(「理科年表」による) 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)、M8.4の地震により、室戸半島は隆起し、高知平野は沈下した。 続きを読む

安政元年11月7日の地震

安政元年(1854)11月7日、豊後、豊前、伊予を震源とするM7.0の地震により、大洲、吉田で潰家があり。 続きを読む