明治37年の干ばつ

災害年月日
1904年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
明治37年(1904)、稲の出穂前に干ばつ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、499頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川3349

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害に見舞われた。池水を使って稲の植え付けはしたものの、その後も雨がほとんどなく、田は干し割れた。枯死寸前の稲に、土瓶で水をか... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)夏、干ばつのため、稲の収穫皆無の所多く、地租の貸与を得て、延納や年賦納が増えた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月25日~8月4日、大干ばつで、松山の降水量は41日間で20ミリであった。明治24年、25年、26年と干ばつが打ち続き、赤痢流... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日~8月15日まで雨らしい雨はなく、干ばつの被害大であった。飲料水にも困り、農家は土瓶で稲株に水を注いだが、秋になっても... 続きを読む