昭和15年の山火事

災害年月日
1940年01月24日
市町村
香川県内海町
災害種類
火災  
概要
昭和15年(1940)1月24日、坂手村洞雲山より出火、連日燃え続けて約150haを焼失した。近来稀な大山火事。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、504頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 洞雲山
NO.
香川3368

よく似た災害

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む

昭和59年3月30日の山火事

昭和59年(1984)3月30日10時15分頃、土成町宮川内の通称落鞍山から出火した山火事は、風にあおられて燃え広がり5時間30分にわたって燃え続けた... 続きを読む

昭和15年の山火事

昭和15年(1940)5月16日朝8時過ぎ、泉谷上り山より出火し、かくれ畑、ゴンジヤクから神宅字西の口に燃え拡がり、さらに大山寺、黒岩神社付近を延焼し... 続きを読む

昭和8年の山火事

昭和8年(1933)3月、山火事により、斗賀野狩場山から薄木山にかけて30町歩を焼失した。 続きを読む

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は1... 続きを読む