大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月21日
市町村
香川県さぬき市(志度町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃まで、連続してどしゃ降りの豪雨となり、鴨部川にかかる広瀬橋、乙井橋、地蔵川橋、鴨庄橋などの橋が流され、川田、中空、西山、鳥田、尻切、川西、そうめんや土堤、小山土堤などが決壊し、濁流は鴨部、鴨庄の田野に流れた。民家は流され、避難しそこねた人々は屋根にしがみついて救いを求めた。鴨部では伝馬船を雇い入れ、また鴨庄では漁舟を駆り出して避難や安否確認等を行った。水位は、鴨部小学校では床上約1.5m、鴨庄小学校では1.8mに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
志度町史編さん委員会編「新編 志度町史 下巻」(志度町、1986年)、384-385頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 鴨部川 橋梁流失 堤防決壊
NO.
香川3605

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃まで、連続してどしゃ降りの豪雨となり、鴨部川にかかる広瀬橋、乙井橋、地蔵川橋、鴨庄橋などの... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時30分~23日午前5時30分の間に、高松港務所で229.2ミリの雨量を記録した。志度では房前海岸の山が崩れ落ち、... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から大雨が降りしきり、強風も加わった午後4時頃から勢いを増し、夜になって猛烈な雨風となった。22日午前2時頃、脇では末... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて、連続40余時間の豪雨により、雨量は平地で300ミリ以上に達し、川・池の堤防は決壊し、濁流水が田畑、家... 続きを読む