昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県大洲市(肱川町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震。(「肱川村役場日誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
肱川町誌編纂会編「新編 肱川町誌」(肱川町、1977年)、43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 肱川村役場日誌
NO.
愛媛255

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震被害。家屋全壊22戸(石井4、浦庄2、高原8、藍畑1、高川原7)、死亡5人(石井3、浦庄1、高原1)。... 続きを読む

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)、干ばつのため、9月3日~4日、村内各地で雨乞い。(「肱川村役場日誌」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震、津浪。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

仁和3年の南海地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の南海道大地震。(「理科年表」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震。震度4、死者27人、負傷者28人、家屋全壊1,133戸。(「愛媛県地域防災計画」による) 続きを読む