宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、地震に伴う津波が、穴井浦より上まで上った。(「穴井天満宮古記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1975年)、78頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 穴井浦 穴井天満宮古記
NO.
愛媛257

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こった。「まあな開校百周年記念誌」には、「十月五日昼四ツ時より大地震あり。真網代は潮の満干なきしも、八幡浜は... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日の地震により、碇神社に高潮が満ち、宝永5年8月3日に大洪水、高潮が社中まで上がって大破した。このため、正徳2年(1712... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。牟岐100余人、浅川170人の死者。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、大地震により上下左右に揺れ、翌朝まで10回余りの大津波が襲来した。安芸郡の被害は甚大で、甲浦では潮が山際まで入り、白浜、生実では... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。道後温泉の湧出が145日間止まる。 続きを読む