明治40年の地震

災害年月日
1907年08月07日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
地震・津波  
概要
明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする地震。西宇和郡に強震被害あり。(気象台資料による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編纂委員会編「改訂版 保内町誌」(保内町、1999年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛280

よく似た災害

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする地震。西宇和郡に強震被害あり。(気象台資料による) 続きを読む

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震央とする地震により、西宇和郡で強震被害あり。(気象台資料による) 続きを読む

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする地震。西宇和郡に強震損害が出た。 続きを読む

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする震度4の地震があり、西宇和郡で強震被害があった。 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)6月2日、震度5の地震があり、松山、温泉、越智、伊予の各郡で被害。震央地は安芸灘。(気象台資料による) 続きを読む