明応7年の地震

災害年月日
1498年06月30日
市町村
愛媛県新居浜市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
明応7年(1498)6月11日、大地震あり、地すべりまたは土地陥没の所多かった。黒島(今の新居浜市)では一番激しく、土地が大いに陥没、崩壊し、面積の4分の3を失い、住民は四方に避散した。(「新居郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 地すべり 土地陥没 黒島 新居郡誌
NO.
愛媛286

よく似た災害

明応7年の地震

明応7年(1498)6月11日、大地震あり、地すべりまたは土地陥没の所多かった。黒島(今の新居浜市)では一番激しく、土地が大いに陥没、崩壊し、面積の4... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震により、東海、南海、西海が大いに震い、三崎にも津波。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地... 続きを読む

明応7年の地震

明応7年(1498)6月11日、伊予で地変多く、黒島はその4分の3を失う。 続きを読む

明応3年の地震

明応3年(1494)5月7日、大地震ありて、被害多し。(「新居郡誌」による) 続きを読む

明応3年の地震

明応3年(1494)5月7日、大地震ありて、損害多し。(「新居郡誌」による) (註)この日の地震については大日本地震史料に記載されているが、伊予に関す... 続きを読む